タイユナイト・インプラント - 実績ある表面性状

オッセオインテグレーションの促進と辺縁骨の安定

 



タイユナイトとは

タイユナイト表面性状

タイユナイトは、オッセオインテグレーション1 を促進する信頼性の高いインプラント表面性状です。難易度の高い症例においてもその性能を発揮します。2-8 タイユナイトは、結晶性と骨伝導特性が高く、骨形成の促進につながるよう中等度の粗面を持ち、厚みのある酸化チタン層を特徴としています。 

タイユナイト表面処理インプラントは機械加工のものと比較して、治癒期間中9 の インプラントの固定 と、辺縁骨の維持に役立つことが証明されています。10,11 従って、タイユナイト表面処理インプラントは、すぐに歯が欲しいという患者様の要求に応える歯科医師にとって重要な要素となります。

タイユナイト表面処理のインプラントを選ぶべき5つの理由

1. 豊富な科学的エビデンス

タイユナイトは、市販されているインプラント表面性状の中で、最も多くの臨床的研究がなされている表面性状の1つです。 2000年に発売されて以来、22,600名を超える患者を対象に89,500件を超えるインプラントを評価する382件の臨床研究に関する465件を超える出版物と、平均11.2年間に及ぶ最長の追跡調査において臨床的に裏づけられてきました。12

単一のインプラント・ブランドとしては過去最大のメタ分析において13、タイユナイト表面性状は、分析対象となった106件の前向き研究で報告された12,804件のタイユナイト・インプラントによる治療を受けた4,694名の患者様の臨床的評価結果により、臨床評価が再度、設定されました。

 


2. 予知性の高いオッセオインテグレーション

タイユナイト表面性状は、2000年に初めてブローネマルク・システムに導入されました。機械加工表面からタイユナイト表面に改良されたことにより、特に骨密度が低い部位における初期段階でのロスト率が大幅に改善されました。14,15

中程度の粗さの表面を持つインプラント導入直後における初期段階の失敗率

中程度の粗さを持つ表面、主にタイユナイト表面処理インプラント導入直後における初期段階の失敗率の低下は両顎において顕著であった 図提供: Prof. Torsten Jemt、スウェーデン

3. 安定した辺縁骨レベル

タイユナイト表面は、初期の骨リモデリング後も、中長期的に安定した辺縁骨レベルを保持しています。13,16

タイユナイト・インプラント表面性状による安定した辺縁骨レベル

4. 短期的および長期的な成功

タイユナイト表面は、オッセオインテグレーションを促進し辺縁骨に結合することで、インプラント埋入後のインプラントの安定性を維持します。1,9,17 長期的には、辺縁骨と軟組織のレベルを保持し、機能性と審美性を最大限に向上させます。13,16,18-23

タイユナイト表面性状の短期的および長期的な成功率

5. インプラント周囲炎発症率の低さ

タイユナイト表面性状インプラントのインプラント周囲炎24 の発症率は、他の中程度の粗面を持つインプラント表面と同程度の低い値でした。13,25

*106件の症例のうち、47件で生物学的合併症が報告された。 これらの47件の論文のうち、19件で患者の5.2% (64/1,229)にインプラント周囲炎が発症したと報告された。 著者らは、インプラント周囲炎が明示的に報告されなかった研究で発症していなければ、発症率は1.36%になったであろうと結論付けた。

症例

ノーベルアクティブは10年間にわたって硬組織および軟組織の維持をサポート

ノーベルアクティブインプラントRP 4.3 mm x 13 mmの抜歯即時埋入。骨補填材と隆起部から採取した軟組織を使って歯槽骨造成術によって抜歯窩を閉鎖し、抜歯部位の軟組織量を増加させた。 解剖学的考慮をして設計されたジルコニア・アバットメントに、オールセラミック(二ケイ酸リチウム製)クラウンをセメント固定。

お客様のご意見

Prof. Dr. Matthias Karl、ドイツ

「私にとって、タイユナイトは非常に困難な症例においても高い信頼がおける表面性状です。 タイユナイトは、インプラントを適切に維持する優れた表面性状です。 耐用寿命が非常に長いことが実証されています。」

Tomas_Albrektsson.jpg

Prof. Tomas Albrektsson、スウェーデン

「タイユナイトの有効性は、メタ分析によっても確証付けられますが、その性能の高さはその他の種類の臨床研究でも認められています。私は、2000年に発売されたタイユナイトインプラントに注目しました。その当時、タイユナイトの良さを信じていましたが、今となってもその確信は間違っていなかったと思っています。 タイユナイトは、本当にすばらしい表面性状です。」

スウェーデンのブローネマルク クリニックのBertil Friberg教授は、タイユナイトを選ぶ理由を次のように述べています。

Prof. Bertil Friberg、Brånemark Clinic、スウェーデン

「タイユナイト表面により、特に骨移植が必要な症例や骨密度が低い症例での施術結果が向上したとともに、 初期段階での失敗率が大幅に低下しました。」

ドイツのDr. Thomas Müller-Hotopは、すべての症例にタイユナイトインプラントを使用する理由を次のように述べています。

Dr. Thomas Müller-Hotop、ドイツ

「タイユナイト表面のインプラントを使用できるようになって以来、私たちの歯科医院ではすべての症例にタイユナイトインプラントを使用しています。 インプラントの即時埋入、即時負荷、軟らかい骨質でのインプラント埋入など、難易度の高い症例においても大きな効果が得られています。」

関連資料

Ivanoff CJ, Widmark G, Johansson C, et al. Histologic evaluation of bone response to oxidized and turned titanium micro-implants in human jawbone. Int J Oral Maxillofac Implants 2003;18:341-348.

PubMed(外部サイト)へ

Rocci A, Rocci M, Rocci C, et al. Immediate loading of Brånemark System TiUnite and machined-surface implants in the posterior mandible: a randomized open-ended clinical trial. Int J Oral Maxillofac Implants. 2013;28(3):891-895.

PubMed(外部サイト)へ

Kolinski ML, Cherry JE, McAllister BS, et al. Evaluation of a variable-thread tapered implant in extraction sites with immediate temporization: A 3-year multi-center clinical study. J Periodontol 2014;85:386-394.

PubMed(外部サイト)へ

Marzola R, Scotti R, Fazi G, et al. Immediate loading of two implants supporting a ball attachment-retained mandibular overdenture a prospective clinical study. Clin Implant Dent Relat Res 2007;9:136-143.

PubMed(外部サイト)へ

Arnhart C, Kielbassa AM, Martinez-de Fuentes R, et al. Comparison of variable-thread tapered implant designs to a standard tapered implant design after immediate loading. A 3-year multicentre randomised controlled trial. Eur J Oral Implantol 2012;5:123-136.

PubMed(外部サイト)へ

Glauser R. Implants with an oxidized surface placed predominately in soft bone quality and subjected to immediate occlusal loading: results from a 7-year clinical follow-up. Clin Implant Dent Relat Res 2013;15: 322-331.

PubMed(外部サイト)へ

Liddelow G, Henry P. The immediately loaded single implant-retained mandibular overdenture: a 36-month prospective study. Int J Prosthodont 2010;23:13-21.

PubMed(外部サイト)へ

Mura P. Immediate loading of tapered implants placed in postextraction sockets: retrospective analysis of the 5-year clinical outcome. Clin Implant Dent Relat Res 2012;14:565-574.

PubMed(外部サイト)へ

Glauser R, Portmann M, Ruhstaller P, et al. Stability measurements of immediately loaded machined and oxidized implants in the posterior maxilla. A comparative clinical study using resonance frequency analysis. Appl Osseointegration Res 2001;2:27-29.

10 Albrektsson T, Johansson C, Lundgren A-K, et al. Experimental studies on oxidized implants. A histomorphometrical and biomechanical analysis. Appl Osseointegrat Research 2000;1(1):21–24.

11 Omar OM, Lenneras ME, Suska F, et al. The correlation between gene expression of proinflammatory markers and bone formation during osseointegration with titanium implants. Biomaterials 2011;32(2):374–386.

12 TiUnite literature search. Nobel Biocare Services AG. July, 2017.

13 Karl M, Albrektsson T. Clinical performance of dental implants with a moderately rough (TiUnite) surface: a meta-analysis of prospective clinical studies. Int J Oral Maxillofac Implants 2017;32(4):717–734.

PubMed(外部サイト)へ

14 Balshi SF, Wolfinger GJ, Balshi TJ. Analysis of 164 titanium oxide surface implants in completely edentulous arches for fixed prosthesis anchorage using the pterygomaxillary region. Int J Oral Maxillofac Implants. 2005; 20:946-952

PubMed(外部サイト)へ

15 Jemt T, Olsson M, Franke Stenport V. Incidence of first implant failure: a retro-prospective study of 27 years of implant operations at one specialist clinic. Clin Implant Dent Relat Res 2015;17(Suppl 2):e501-e510.

PubMed(外部サイト)へ

16 Östman PO, Hellman M, Sennerby L. Ten years later. Results from a prospective single-centre clinical study on 121 oxidized (TiUnite) Brånemark implants in 46 patients. Clin Implant Dent Relat Res 2012;14(6):852-860.

PubMed(外部サイト)へ

17 Zechner W, Tangl S, Furst G, et al. Osseous healing characteristics of three different implant types. Clin Oral Implants Res 2003; 14:150-157.

PubMed(外部サイト)へ

18 Degidi M, Nardi D, Piattelli A. 10-year follow-up of immediately loaded implants with TiUnite porous anodized surface. Clin Implant Dent Relat Res 2012;14(6):828-838.

PubMed(外部サイト)へ

19 Glauser R. Eleven-year results of implants with an oxidized surface placed predominantly in soft bone and subjected to immediate occlusal loading. Clin Oral Impl Res 2012; 23 (Suppl 7);140-141.11

PubMed(外部サイト)へ

20 Glauser R. Implants with an oxidized surface placed predominately in soft bone quality and subjected to immediate occlusal loading: results from an 11-year clinical follow-up. Clin Implant Dent Relat Res 2016;18(3):429-438.

PubMed(外部サイト)へ

21 Pozzi A, Mura P. Clinical and radiologic experience with moderately rough oxidized titanium implants: up to 10 years of retrospective follow-up. Int J Oral Maxillofac Implants 2014;29(1):152–161.

PubMed(外部サイト)へ

22 Imburgia M, Del Fabbro M. Long-term retrospective clinical and radiographic follow-up of 205 Branemark System Mk III TiUnite implants submitted to either immediate or delayed loading. Implant Dent 2015;24(5):533–540.

PubMed(外部サイト)へ

23 Froum SJ, Khouly I. Survival rates and bone and soft tissue level changes around one-piece dental implants placed with a flapless or flap protocol: 8.5-year results. Int J Periodontics Restorative Dent 2017;37(3):327–337.

PubMed(外部サイト)へ

24 Gelb D, McAllister B, Nummikoski P, Del Fabbro M. Clinical and radiographic evaluation of Branemark implants with an anodized surface following seven-to-eight years of functional loading. Int J Dent 2013:583567.

25 Albrektsson T, Buser D, Sennerby L. Crestal bone loss and oral implants. Clin Implant Dent Relat Res 2012;14(6):783-791.