Skip to main content
Nobelguide

ノーベルガイド

診断から始まるデジタル技術を活用したガイディッド・サージェリー

計画通りの埋入が可能になります。

コンセプトの融合、 選択は術者に。

DTX Studio suiteを利用したノーベルガイドは、補綴主導の治療計画とガイディッド・サージェリーに対応する包括的な治療コンセプトです。 ノーベルガイドでは、ガイディッド・パイロット・ドリルとフルガイディッド・インプラント埋入が可能です。

最初のドリルが重要です

ノーベルガイドは、スペースが限られたや症例や下歯槽神経領域において有効なコンセプトです。 サージカルテンプレートとガイディッド用ドリルを使用し、正確な角度、方向、深さでインプラント埋入窩を形成できます。 フルガイディッド・インプラント・サージェリーにより、補綴主導のインプラント埋入計画を最大限に活用できます。

ガイディッド・サージェリーでリスクを軽減

重要な解剖学的構造を避けて、計画通りにインプラントを埋入することができます。

パイロット・ドリルの簡単なセットアップ

必要なドリルとテンプレートはそれぞれ1つだけ、あとはいつものフリーハンド・ドリルキットで対応することが可能です。主流のインプラント・システムをご利用いただけます。

フリーハンド・サージェリーと比較して、インプラント埋入の精度と予知性が向上1


フリーハンド・サージェリーと比較して、フラップレスによるガイディッド・サージェリーは腫れが少なく、鎮痛薬の使用率が低下2-4


治療時間の短縮と不快感が最小限に抑えられるため患者様の高い満足度を獲得。5


ノーベルガイド・コンセプト

ノーベルガイドに関する重要な情報と手順が記載されています。

ノーベルガイドに関するご質問

ノーベルガイド・コンセプトに関する詳細について、またはご質問がある場合は以下のリンクよりお問い合わせください。

「私は1982年にインプラント治療を始めましたが、補綴に重点を置いてきました。 ノーベルガイドを使用してインプラントの埋入も可能になり、私のキャリアは変わりました。」

関連資料

参考資料

  1. Tahmaseb A, Wismeijer D, Coucke W, Derksen W. Computer technology applications in surgical implant dentistry: a systematic review. Int J Oral Maxillofac Implants 2014;29 Suppl:25-42. 
    PubMed(外部サイト)へ
  2. Pozzi A, Tallarico M, et al. Computer-guided versus free-hand placement of immediately loaded dental implants: 1-year post-loading results of a multicentre randomised controlled trial. Eur J Oral Implantol 2014;7(3):229-42. 
    PubMed(外部サイト)へ
  3. Nkenke E, Eitner S, et al. Patient-centred outcomes comparing transmucosal implant placement with an open approach in the maxilla: A prospective, non-randomized pilot study. Clin Oral Implants Res 2007;18(2):197-203. 
    PubMed(外部サイト)へ
  4. Bertossi D, Gerosa R, et al. NobelGuide influence in the perception of post-operative pain. Minerva Stomatol 2013. 
    PubMed(外部サイト)へ
  5. Meloni SM, De Riu G, Pisano M, Cattina G, Tullio A. Implant treatment software planning and guided flapless surgery with immediate provisional prosthesis delivery in the fully edentulous maxilla. A retrospective analysis of 15 consecutively treated patients. Eur J Oral Implantol 2010;3(3):245-51. 
    PubMed(外部サイト)へ