Skip to main content

ノーベルプロセラ
プロダクト

30年以上のCAD/CAM製作経験を持つ
信頼できるパートナー

純正の補綴製品により優れた結果を実現

補綴装置の精密工学・精密製作をリードするノーベルプロセラをご利用ください。 高品質に製作されるインプラント、アバットメント、スクリューが完全に適合し合い、システムやコンポーネントに発生し得るトラブルを回避できます。1-3すべてのノーベルプロセラ・プロダクトおよび関連するコンポーネントは、個々のパーツとしてではなく、システム全体が適切に機能するように設計されています。

100%セメントフリーのスクリュー固定によるインプラントブリッジ

ノーベルプロセラ・インプラントブリッジは強度と審美性に優れているほか、スクリュー・アクセスホールを調整することで理想的な咬合を実現できます。 すべてのインプラントブリッジは、フルカントゥアおよびパーシャル・カットバックでご利用可能です。

角度付スクリュー・チャネル

スクリュー固定の補綴装置を前歯部に適用する場合に直面していた審美性の課題を解決し、臼歯部領域での咬合面へのアクセスを容易にします。

100%セメントフリーのソリューション

残留セメントに関連するリスクを回避することで安全で予知性の高い治療が可能になります。4ジルコニア製アバットメントをインプラントに連結するアダプターは、アバットメント内に装着されたスクリューによって機械的に固定されます。

高透過性フルカントゥア・ジルコニア

より迅速な補綴修復を可能にし、築盛材によるチッピングや再製作などのストレスを軽減します。 さらに、ジルコニア・シェードは、調整後もその色を維持します。*

個々の症例に合わせたアバットメント

ノーベルプロセラ・システムでは、カスタムメイドのチタン製またはジルコニア製アバットメントを使用することで補綴修復の柔軟性が高まります。 ASC ジルコニア・アバットメントは、100%セメントフリーで角度付スクリュー・チャネルの付与が可能です。

角度付スクリュー・チャネル

スクリュー固定の補綴装置を前歯部に適用する場合に直面していた審美性の課題を解決し、臼歯部領域での咬合面へのアクセスを容易にします。

適合しているように見えても、良好に機能するとは限りません

肉眼で常に確認できるとは限りませんが、システム用に設計およびテストされていない他社製のコンポーネントを使用すると、制御不能な影響が生じ、個々のコンポーネントまたはシステム全体に支障をきたす可能性があります。

100%セメントフリーのソリューション

残留セメントに関連するリスクを回避することで安全で予知性の高い治療が可能になります。4*ジルコニア製アバットメントをインプラントに連結するアダプターは、アバットメント内に装着されたスクリューによって機械的に固定されます。

固定式および術者可撤式インプラント バー オーバーデンチャー

ノーベルプロセラ インプラント バー オーバーデンチャーは、患者様に優れた安定性および快適性を提供できる製品です。 固定式および術者可撤式インプラント バー オーバーデンチャーを幅広く取り揃えているため、さまざまな症例やアタッチメントに対応できます。

適合しているように見えても、良好に機能するとは限りません

肉眼で常に確認できるとは限りませんが、システム用に設計およびテストされていない他社製のコンポーネントを使用すると、制御不能な影響が生じて、個々のコンポーネントまたはシステム全体に支障をきたす可能性があります。

優れたオーバーデンチャー保持力

ノーベルプロセラは、患者様のニーズに合った適切なソリューションを提供することができます。 さまざまな種類のバー、アタッチメントをご用意しています。

可撤式補綴

修復の柔軟性を最大限に高めます。 幅広い種類のバーを取り揃えているため、患者様の状況に合わせて最適なソリューションを選択できます。

安心な長期保証


高い適合精度5,6、機械的安定性7に優れ、長期的な安全性と信頼性の高いサービスを提供しています。8-10


クリックするだけで高精度な補綴装置の製作が可能


 

ノーベルプロセラ・ジルコニア
インプラントブリッジ ナセラ
製品カタログ

製品の特長および製品番号が記載されています

認証ツール

使いやすいオンライン・ツールを使用して、お持ちの補綴装置が正規のノーベルプロセラ・プロダクトであるかを確認できます

ノーベルプロセラに関するご質問

ノーベルプロセラに関する詳細について、またはご質問がある場合は以下のリンクよりお問い合わせください。

「プロセラ・プロダクションセンター訪問時の印象を簡潔なキーワードにまとめるとしたら、精度、マテリアルの安定性、品質管理です。集中管理された製作において絶大な信頼感を寄せることができます。」

 

関連資料

教育プログラム

補綴修復に関するコースを探す 

コース・セミナー検索

参考資料

*別のマテリアルを使用した場合との比較
**詳細については、www.nobelbiocare.com/ja-jp/warranty-programの保証プログラムを参照してください。

  1. Karl M, Irastorza-Landa A. In Vitro Characterization of Original and Nonoriginal Implant Abutments.  Int J Oral Maxillofac Implants. 2018 Nov/Dec;33(6):1229-1239. doi: 10.11607/jomi.6921.
  2. Kelly JR, Rungruanganunt P. Fatigue Behavior of Computer-Aided Design/Computer-Assisted Manufacture Ceramic Abutments as a Function of Design and Ceramics Processing. Int J Oral Maxillofac Implants. 2016 May-Jun;31(3):601-9.
  3. Friberg B, Ahmadzai M. A prospective study on single tooth reconstructions using parallel walled implants with internal connection (NobelParallel CC) and abutments with angulated screw channels (ASC). Clin Implant Dent Relat Res. 2019 Apr;21(2):226-231.
  4. Wilson TG, Jr. The positive relationship between excess cement and peri-implant disease: a prospective clinical endoscopic study. J Periodontol 2009;80(9):1388-1392. 
    PubMed(外部サイト)へ
  5. Katsoulis J, Mericske-Stern R, Rotkina L, et al. Precision of fit of implant-supported screw-retained 10-unit computer-aided-designed and computer-aided-manufactured frameworks made from zirconium dioxide and titanium: an in vitro study. Clin Oral Implants Res 2014;25(2):165-174. 
    PubMed(外部サイト)へ
  6. Martínez-Rus F, Suárez MJ, Rivera B, Pradíes G. Evaluation of the absolute marginal discrepancy of zirconia-based ceramic copings. J Prosthet Dent 2011;105(2):108-114. 
    PubMed(外部サイト)へ
  7. Truninger TC, Stawarczyk B, Leutert CR, et al. Bending moments of zirconia and titanium abutments with internal and external implant-abutment connections after aging and chewing simulation. Clin Oral Implants Res 2012;23(1):12-18. 
    PubMed(外部サイト)へ
  8. Zembic A, Bosch A, Jung RE, et al. Five-year results of a randomized controlled clinical trial comparing zirconia and titanium abutments supporting single-implant crowns in canine and posterior regions. Clin Oral Implants Res 2013;24(4):384-390. 
    PubMed(外部サイト)へ
  9. Ozer F, Mante FK, Chiche G, et al. A retrospective survey on long-term survival of posterior zirconia and porcelain fused-to-metal crowns in private practice. Quintessence Int 2014;45(1):31-38. 
    PubMed(外部サイト)へ
  10. Pozzi A, Tallarico M, Barlattani A. Monolithic lithium disilicate full-contour crowns bonded on CAD/CAM zirconia complete-arch implant bridges with 3 to 5 years of follow-up. J Oral Implantol 2015;41(4):450-458. 
    PubMed(外部サイト)へ