Skip to main content

Xeal™ and TiUltra™

ムコインテグレーション時代の到来:
細胞に働き掛ける表面化学

2つの表面の相乗効果

XealとTiUltra、2種類の画期的な新サーフェス- 数十年に及ぶ陽極酸化の専門知識と技術に基づき、 アバットメントからインプラント先端まで、あらゆるレベルにおいて周囲組織との結合を最適化するために表面化学とトポグラフィーを再考し開発されました。軟組織と硬組織の両方のインテグレーションに適しています。

Xeal-ムコインテグレーションの時代を切り拓いたパイオニア1-3

アバットメントと密接に付着した軟組織は、 その下にある骨を保護するバリアとして機能し、 周囲組織の長期的な健全性と安定性を維持するベースとなります。4-7

Xealはムコインテグレーションの時代を切り拓いたパイオニア1-3

Xeal表面はスムーズかつ非多孔性のナノ構造酸化層を有する陽極酸化表面です。密接した軟組織の付着を促進・維持するために特別にデザインされた表面化学およびトポグラフィーを備えています。1,8

薄い歯肉に有利なゴールド色

美しいゴールド色は、着色ではなく、特定の表面構造を得るための製造工程で生成される酸化層によるものです。 特に薄い粘膜で透過による影響を受ける症例では、より自然な外観をサポートする上で有利に働きます。8

製造時の表面

表面の化学的性質と超親水性を維持します。9

Xeal表面はスムーズかつ非多孔性のナノ構造酸化層を有する陽極酸化表面です。密接した軟組織の付着を促進・維持するために特別にデザインされた表面化学およびトポグラフィーを備えています。1,8


細胞との強固な付着を可能にする表面は化学的特性を備えています。 1,8


Xealで利用可能になりました

On1™コンセプト

補綴の柔軟性を損なうことなく、軟組織の付着を維持します。

Xealで利用可能になりました

マルチユニット
アバットメント

All-on-4®治療コンセプトの鍵となります。

サーフェス テクノロジー

粗さ、多孔性、表面化学の特性は、インテグレーションにおける重要な要素です。 特に表面化学は、細胞付着の強化において重要な役割を果たします。9-11

TiUltra-ただ粗いだけではない

理想的なインテグレーションは、表面の粗さだけではなく、すべての表面が周囲の組織とどのように反応するかが重要になります。 TiUltraは、超親水性の陽極酸化表面インプラントで、インプラント カラー部から先端まで段階的に異なる形状が施されています。9,12,13

TiUltraは、形状が徐々に変化し、インプラントの先端に向かって中等度に粗く多孔性になるのが特徴です。9

最小限の粗さのカラー部

カラー部は、最小限の粗さで非多孔性のナノ構造酸化層です。 そのゴールド色は、陽極酸化処理中に得られる特定の酸化物の厚さが幸運にも生み出した副産物です。9

骨の安定性のためにデザインされたカラー

カラー領域に適用されたTiUltraは、初期のオッセオインテグレーションの促進と長期良好な予後を支える清掃性の向上を両立させる特徴を持っています。9,14

製造時の表面

Xeal / TiUltra 表面の化学的性質と超親水性は、プロテクティブレイヤー(保護層)によって保持されています。 これにより、すべてのインプラントとアバットメントが製造時のままの状態で、患者様の口腔内に埋入・装着されます。8,9

TiUltraで利用可能になりました

ノーベルアクティブ

新しいタイプのインプラント

TiUltraで利用可能になりました

ノーベルパラレル

シンプルかつ簡便なインプラント

TiUltraで利用可能になりました

ノーベルテーパード

実績のあるパフォーマンス、さらに強化された審美性

Xeal and TiUltraのご紹介

細胞に働き掛ける表面化学

 

7編の科学論文、画期的な結果

このCIDRR Supplementで、表面テクノロジー、製造時の表面状態、ムコインテグレーションに関する最新の科学論文をご覧ください。 インプラントやアバットメントに接する骨と軟組織の健全性を高めることを目的とした表面性状のイノベーションについて論じています。

XealまたはTiUltraに関するご質問

この2種の画期的な表面性状に関する詳細について、またはご質問がある場合は以下のリンクよりお問い合わせください。

 

製品ブロッシャー

Xeal and TiUltra
セールスブロッシャー

参考資料

  1. Susin C, Finger Stadler A, Fiorini T, et al. Safety and efficacy of a novel anodized abutment on soft tissue healing in Yucatan mini-pigs. Clin Implant Dent Relat Res 2019;21(Suppl 1):34-43. 
    オンラインで読む
  2. Roffel S, Wu G, Nedeljkovic I, et al. Evaluation of a novel oral mucosa in vitro implantation model for analysis of molecular interactions with dental abutment surfaces. Clin Implant Dent Relat Res 2019;21(Suppl 1):25-33.  
    オンラインで読む
  3. Hall J, Neilands J, Davies JR, et al. A randomized, controlled, clinical study on a new titanium oxide abutment surface for improved healing and soft tissue health. Clin Implant Dent Relat Res 2019;21(Suppl 1):55-68. 
    オンラインで読む
  4. Rompen E, Domken O, Degidi M, et al. The effect of material characteristics, of surface topography and of implant components and connections on soft tissue integration: a literature review. Clin Oral Implants Res 2006;17(Suppl 2):55-67. 
    PubMed(外部サイト)へ
  5. Alva H, Prasad KD, Prasad AD. Bioseal: The physiological and biological barrier for osseointegrated supported prosthesis. J Dent Implant 2013;3:148-152. 
    オンラインで読む
  6. Touati B, Rompen E, Van Dooren E. A new concept for optimizing soft tissue integration. Pract Proced Aesthet Dent 2005;17(10):711-715. 
    PubMed(外部サイト)へ
  7. Schupbach P, Glauser R. The defense architecture of the human periimplant mucosa: a histological study. J Prosthet Dent 2007;97(6 Suppl):S15-25. 
    PubMed(外部サイト)へ
  8. ノーベルバイオケア・ファイルデータより。
  9. Milleret V, Lienemann PS, Gasser A, et al. Rational design and in vitro characterization of novel dental implant and abutment surfaces for balancing clinical and biological needs. Clin Implant Dent Relat Res 2019;21(Suppl 1):15-24. 
    オンラインで読む
  10. Albrektsson T, Wennerberg A. On osseointegration in relation to implant surfaces. Clin Implant Dent Relat Res 2019;21(Suppl 1):4-7. 
    オンラインで読む
  11. Nosswitz M, Teale M, Mathes S, et al. Evaluation of anodized surfaces designed for improved soft tissue integration. Foundation for Oral Rehabilitation (FOR) 2019;1-7. 
    オンラインで読む
  12. Wennerberg A, Albrektsson T, Chrcanovic B. Long-term clinical outcome of implants with different surface modifications. Eur J Oral Implantol 2018;11(Suppl 1):S123-S136. 
    PubMed(外部サイト)へ
  13. Milleret V, Lienemann PS, Bauer S, Ehrbar M. Quantitative in vitro comparison of the thrombogenicity of commercial dental implants. Clin Implant Dent Relat Res 2019;21(Suppl 1):8-14.  
    オンラインで読む
  14. Susin C, Finger Stadler A, Musskopf ML, et al. Safety and efficacy of a novel, gradually anodized dental implant surface: A study in Yucatan mini pigs. Clin Implant Dent Relat Res 2019;21(Suppl 1):44-54.  
    オンラインで読む