ノーベルテーパードCC-定評ある安定性と高い審美性

実証済みのテーパー形状のインプラント・ボディと密着性に優れたコニカル・コネクションを組み合わせたインプラント・システム

幅広い症例に対応するエステティック・ソリューション

ジルコニア・アバットメントを装着したノーベルテーパードCC RP 4.3 x 13 mm インプラント。

ノーベルテーパードCC は、独自のテーパー形状のインプラント・ボディと密着性に優れたコニカル・コネクションを組み合わせ、あらゆる症例に対応可能なエステティック・ソリューションを歯科医と患者様にお届けします。インプラント・ボディには天然歯根の形状を付与し、即時負荷を含むすべてのプロトコルで高い初期固定を実現します。

なぜノーベルテーパードCC なのか?

高い密着性

インプラントとアバットメントの連結は、機能性と審美性を長期にわたって維持するために極めて重要です。インターナル・コニカル・コネクションによって、高い密着性と機械的強度が実現します。8 これにより安定した修復が可能となり、治療の予知性が高まります。

自然な審美性を実現

軟組織量は審美性を得るために重要です。ビルトイン・プラットフォーム・シフティング機能によって、軟組織の発達を促す小さなギャップができます。これにより軟組織量が増加し、自然な修復結果が得られます。

条件の悪い骨質でも高い初期固定を実現

独自のテーパード・インプラントであるノーベルテーパードは、天然歯根の形状を再現しています。高い初期固定が得られるようにデザインされており、抜歯窩と治癒した部位のどちらの即時負荷にも適用できます。1, 2

簡便な外科術式で治療をシンプルに

わかりやすいステップ・バイ・ステップのドリリング・プロトコルを採用し、すべてのコンポーネントにカラーコードが付与されています。このため埋入部位をシンプルなプロトコルで形成でき、予知性の高い治療が可能になります。

2つのカラー(頚部)オプションから選択

臨床ニーズおよび治療に応じて、タイユナイト加工のカラー部が付与されたノーベルテーパードCC、または0.75 mm の機械加工されたカラー部が付与されたノーベルテーパードCC PMC を選択できます。 

オッセオインテグレーションの促進

ノーベルテーパードCC は、グルーブ(グルービー)が付与された、ノーベルバイオケア独自の、スパーク陽極酸化処理された酸化チタンのタイユナイト表面性状を1つの特徴としています。 タイユナイトにより、速やかな骨形成を促し、治癒期間中の安定性が高まり、治療を長期的な成功へと導くことができます。34567

生涯保証

ノーベルテーパードCC は生涯保証の対象製品です。

症例

Dr. Andrew Dawood、イギリス – ガイディッド・サージェリーによる上顎無歯顎の症例

症例: 65歳男性患者。上顎無歯顎。固定式補綴物を要望。

ソリューション: 6本のノーベルテーパード CC インプラントとノーベルプロセラ・インプラント・ブリッジによる無歯顎修復。

症例を見る (PDF, 2 MB)

Dr. Alessandro Pozzi、イタリア – 上顎と下顎におけるAll-on-4®治療コンセプト

症例: 62歳女性患者。上顎と下顎の無歯顎

ソリューション: ガイディッド・サージェリーを用いてノーベルテーパード CC インプラントを埋入するAll-on-4®治療コンセプト。上顎にはノーベルプロセラ・ヘーダーバーを、下顎にはジルコニア製ノーベルプロセラ・インプラント・ブリッジを使用して最終補綴修復。 

症例を見る (PDF, 576 kB)

Dr. Roberto Villa、イタリア – ノーベルテーパード CC による前歯部修復

症例: 19歳女性患者。外傷による中切歯の損失。

ソリューション: 即時負荷による、ノーベルテーパード CC インプラントの埋入。

症例を見る (PDF, 1 MB)

補綴修復方法

幅広い補綴物のオプション

ノーベルテーパードCC は、ノーベルプロセラ CAD/CAM システムを利用した歯科補綴物ならびにノーベルバイオケアの既製のアバットメントに幅広く対応しています。

ノーベルプロセラ CAD/CAM システムの詳細

豊富な補綴オプション

ノーベルテーパードCC は、アバットメント用のインターナル・コニカル・コネクションと、ノーベルプロセラ・インプラント・ブリッジ用のインプラントショルダーのデュアル・ファンクション・コネクションです。

強力なインターナル・コニカル・コネクション

  • アバットメントの確実な連結と均一な負荷分散 8
  • ビルトイン・プラットフォーム・シフティングにより軟組織量を最大限に維持
  • 細いエマージェンス・プロファイルに使用できるため前歯部にも適用可能
  • 識別しやすいカラーコード・コンポーネントを採用
  • 6箇所のアバットメント装着ポジション

お客様のご意見

イタリアのProf. Alessandro Pozzi は、ノーベルテーパードCC インプラントについての印象を次のように述べています。

Prof. Alessandro Pozzi、イタリア

「ノーベルテーパードCC は、ノーベルリプレイス・テーパードの実証済みのインプラント・ボディと、強力なインターナル・コニカル・コネクションとを融合させています。汎用性に優れた使いやすいインプラントで、軟らかい骨質から硬い骨質まで優れた性能を発揮します。」

スペインのDr. Albert Vericat は、ノーベルテーパードCC  インプラントがもたらす多くの利点について述べています。

Dr. Albert Vericat、スペイン

「ノーベルアクティブの発売後、ノーベルバイオケア・スペインにリクエストしたことの1つが、ノーベルリプレイスのインプラント・ボディとコニカル・コネクションを組み合わせることでした。ノーベルテーパードCC は、即時埋入に非常に優れた利点および結果をもたらすインプラントだと思います。」

ノルウェーのDr. Eirek Salvesen は、ノーベルテーパードCC インプラントが軟組織の審美性を高めると考える理由を次のように述べています。

Dr. Eirik Salvesen、ノルウェー

「革新的なインプラント・システムは、1つの機能だけで判断できません。臨床的に実証されたノーベルリプレイス・テーパード・システムのインプラント・ボディと密着性に優れたコニカル・コネクションを組み合わせると、軟組織の審美性を高めることができます。また、正確に適合する上部構造はアバットメント連結を迅速にし、予知性の高い術式となります。 」

アメリカのDr. Sam Hanson は、ノーベルテーパードCC インプラントが診療に付加価値を提供すると考える理由を次のように述べています。

Dr. Sam Hanson、アメリカ

「日常の診療でノーベルテーパードCC を使用することは、実りのある体験でした。ノーベルリプレイスのインプラント・ボディは、使いやすさの上で大きな利点であり、より限定的なノーベルアクティブのインプラント・ボディよりも使う機会が増えます。ノーベルリプレイスの実証済みのインプライント・ボディと、密着性に優れた高品質のコニカル・コネクションを組み合わせたインプラント・システムを日々の診療で使用できることは、治療に付加価値を与えます。」

文献

 

ノーベルバイオケアのお客様番号はお持ちですか?
お客様のMyノーベル ポータルにサインイン して頂くと、ノーベルプロセラ関連製品の価格や過去のプロセラのご注文をご確認でき、オンラインで購入できる製品もございます。

参考文献

Arnhart C, Kielbassa AM, Martinez-de Fuentes R, Goldstein M, Jackowski J,Lorenzoni M, Maiorana C, Mericske-Stern R, Pozzi A, Rompen E, Sanz M,Strub JR. Comparison of variable thread tapered implant designs to a standard tapered implant design after immediate loading.A 3-year multicenter randomised controlled trial.Eur J Oral Implantol.2012 5:123-36

PubMed(外部サイト)へ

Cosyn J, Eghbali A, De Bruyn H, et al. Immediate single-tooth implants in the anterior maxilla:3-year results of a case series on hard and soft tissue response and aesthetics.J Clin Periodontol 2011;38(8):746-53. 

PubMed(外部サイト)へ

3 Zechner W, Tangl S, Fürst G, Tepper G, Thams U, Mailath G, Watzek G. Osseous healing characteristics of three different implant types.Clin Oral Implants Res 2003;14(2):150-7

PubMed(外部サイト)へ

4 Schüpbach P, Glauser R, Rocci A, Martignoni M, Sennerby L, Lundgren A, Gottlow J. The human bone-oxidized titanium implant interface:A light microscopic, scanning electron microscopic, back-scatter scanning electronmicroscopic, and energy-dispersive x-ray study of clinically retrieved dental implants.Clin Implant Dent Relat Res.2005;7 Suppl 1:S36-43

5 Ivanoff CJ, Widmark G, Johansson C, Wennerberg A. Histologic evaluation of bone response to oxidized and turned titanium micro-implants in human jawbone.Int J Oral Maxillofac Implants 2003;18(3):341-8

PubMed(外部サイト)へ

6 Hall J, Miranda-Burgos P, Sennerby L. Stimulation of directed bone growth at oxidized implants by macrocopic grooves:an in vivo study.Clin Implant Dent Relat Res 2005;7 (Suppl 1):76-82

PubMed(外部サイト)へ

7 Glauser R, Portmann M, Ruhstaller P, et al. Stability measurements of immediately loaded machined and oxidized implants in the posterior maxilla.A comparative clinical study using resonance frequency analysis.Appl Osseointegration Res 2001;2(27-29)

8 Data on file