All-on-4®治療コンセプト

患者様の満足度を高める固定式フルアーチ・レストレーションを使用した低侵襲なソリューション

All-on-4® treatment concept | Nobel Biocare

 

1998年、Dr. Paulo Maloは、All-on-4® 治療コンセプトを用いた初めての治療を成功させました。それ以来、ノーベルバイオケア社製インプラントを使用したこのコンセプトにより、数十万人の患者を治療してきました。

All-on-4® 治療コンセプトは、傾斜埋入インプラントを使用する全顎治療に適したソリューションです。ただし、All-on-4治療コンセプトは、ノーベルバイオケア独自のソリューションで、ノーベルバイオケア社製の製品だけが実現可能です。この画期的なコンセプトを正確に再現しようと何度も試みられましたが、科学的報告で成功を裏付けたのは当社のみです。 

All-on-4®治療コンセプトとは?

All-on-4® 治療コンセプトは、コスト効率のよい、グラフトレスソリューションで、固定式の補綴物を手術当日に提供することができます。 

次のような特徴があります。

  • 最少4本のインプラントを使用する無歯顎修復 
    前歯部のストレート・インプラント2本と臼歯部の最大45º傾斜したインプラント2本
  • 即時負荷 (固定式のプロビジョナル・ブリッジ)
    患者様との話し合いに基づきインプラントを即時負荷
  • グラフトレスの治療
    臼歯部インプラントを傾斜させることにより骨移植を回避し、利用できる骨を活用
ノーベルパラレル CC インプラントを使用したAll-on-4®治療コンセプト

患者様の98%がAll-on-4®治療コンセプトを推奨する理由1

All-on-4治療コンセプト-患者様の98%が推奨しています

QOL(生活の質)の急速な向上

手術当日に固定式の補綴物が提供されるため、
機能性、審美性、感覚、発音、自尊心に関する患者満足度が
すばやく改善されます。2,3

治療時間を短縮

臼歯部にインプラントを傾斜埋入することによって
多大な時間を要する骨移植を回避でき、即時負荷ソリューションによって、
短い治療期間で新しい歯を手に入れることができます。4

低コスト

このコンセプトでは、無歯顎患者向けの従来のインプラント治療に比べて費用もかかりません。4

適応症

末期的歯列の患者様

All-on-4® 治療コンセプトで治療が行われた数多くの症例は、歯がほとんどない患者様のケースが大部分です。

All-on-4®治療コンセプトの対象となる末期的な歯列の患者様の例

All-on-4®治療コンセプトの対象となる末期的な歯列の患者の例

「私たちが無歯顎修復で治療した患者様の2/3は、無歯顎になる寸前の方々でした。」
Dr. Wolfgang Bolz、ドイツ

無歯症の患者様もAll-on-4® 治療コンセプトで治療できます。正しい治療を選択し、予知性の高い治療結果を確立するには、患者様の口腔内を十分に診査し、評価することが必要です。

症例

Dr. Steven Bongard、カナダ-上顎のAll-on-4®治療コンセプト

症例:上顎無歯顎
ソリューション: All-on-4®治療コンセプトとノーベルパラレル CC インプラントを使用した即時プロビジョナルによる無歯顎修復。

外科術式

義歯の変換

その他の臨床症例

当社のデジタル・ライブラリーで、All-on-4®治療コンセプトによる、フリーハンドの術式、フルガイディッドの術式、そして歯肉剥離やフラップレス術式をご覧ください。

来歴

  • 1998年 Dr. Paulo MaloがAll-on-4®治療コンセプトを使用して最初の患者様を治療
  • 2004年 ノーベルバイオケアがAll-on-4®治療コンセプトを発表
  • 2011年 下顎の10年間のフォローアップを実施6
  • 2012年 上顎の5年間のフォローアップを実施5
  • 2015年  2000人の患者様に対して34の臨床研究を実施
  • 2016年  100,000人以上の患者様をAll-on-4®治療コンセプトで治療
 

サイエンス

All-on-4®治療コンセプト-高い残存率を示す実績あるソリューション

Dr.Agliardi のご厚意によるX線写真提供

高い残存率を示す実績ある長期的ソリューション

All-on-4®治療コンセプトは、下顎では最大10年間、上顎では最大5年間の
フォローアップ研究が行われた実績ある長期的ソリューションです。5,6

  • 上顎および下顎の無歯顎症例においては高い累積残存率を
    示します。2,3,5,6,7,8,9,10
  • 中期3~4年: 96.3~100%3,9,10
  • 長期5~10年: 94.8~98.0%5,6
All-on-4®治療コンセプト-効果をもたらす骨および軟組織の条件
効果をもたらす骨および軟組織の条件

安定した辺縁骨レベル2,3,9,10 と健康な軟組織10 の両方の条件が揃うと効果的です。グラフは下顎の結果を示していますが、上顎の結果も同様です。7

All-on-4®治療コンセプト-高い患者満足度
患者様の98%がこの治療を推奨しています

ある研究では、250人の患者様の内95%が新しい歯に満足しています。
88%の患者様が友人や同僚に同じ治療を「必ず推奨する」と述べ、
10%の患者様が「推奨するつもりがある」と述べました。1

科学的に証明されたコンセプト

  • 2000人の患者様による34 の臨床研究(臨床症例レポートを除く)
  • > 9,200本のタイユナイト・インプラント
  • 下顎で最大10年間のフォローアップと上顎で最大5年間のフォローアップ

お客様のご意見

患者様の声

All-on-4患者、Pat Farrell

「私は自分の歯と口腔内の健康状態全般について常に問題を抱えていました。担当歯科医は本当に私の人生を救ってくれました。私の歯は、元の歯と同じくらい安定しているため、今後は歯について悩むことはありません。インプラント手術をしたことは、今までの人生の中で最善の決断です!」

Pat Farrell、アメリカ

All-on-4患者、Carole Lane

「私は長年、歯肉の病気、骨喪失、そして不安定な歯に悩まされてきました。私は自分の状況を十分認識しており、自分の問題に関する解決策はないと考えていました。All-on-4がもたらしてくれた生活感の違いにとても驚いています。」

Carole Lane、英国

ユーザーの声

歯科医の証言-Prof. Paulo Malo

「インプラントを4本使用することにより治療の複雑さが緩和され、多くの効果を得ることができます。手術に要する時間が短くなり、使用する製品が少なくなるため、歯科医師と患者様双方の費用が削減されます。ラボでは補綴物の製作に伴う複雑さが軽減されます。また、衛生管理が簡素化されると口腔内全体の長期的な健康状態の向上につながります。」

Prof. Paulo Malo、ポルトガル

歯科医の証言-Dr. Larry Benge

「All-on-4のおかげで、長期にわたる、予知性の低い骨移植を避けることができます。一定の年齢になると患者様は義歯を装着する傾向があります。通常どおりに機能する歯を手術当日に入手できるか1年後に入手できるかには大きな差があります。」

Dr. Larry Benge、オーストラリア

歯科医の証言-Dr. Antony Carbery

「All-on-4は患者数の増加に大きく貢献してくれました。画期的かつコスト効率のよい方法を提供することで、多くの患者様に適切なインプラント治療を施せるようになりました。」

Dr. Antony Carbery、カナダ

歯科医の証言-Dr. Enrico Agliardi

「All-on-4ほど生活の質を向上させる術式はありません。患者様は適合性が不十分でしばしば痛みを伴う義歯を装着して来院しますが、天然歯のような外観と自然な装着感のある固定式インプラントベースのプロビジョナル・レストレーションを装着してその日のうちに帰っていきます。」

Enrico Agliardi、イタリア

参考文献

Babbush CA. Posttreatment quantification of patient experiences with full-arch implant treatment using a modification of the OHIP-14 questionnaire.J Oral Implantol 2012;38:251-60

Mozzati M, Arata V, Gallesio G, Mussano F, Carossa S. Immediate postextractive dental implant placement with immediate loading on four implants for mandibular full-arch rehabilitation:a retrospective analysis.Clin Implant Dent Relat Res 2013;15:332-40

PubMed(外部サイト)へ 

Weinstein R, Agliardi E, Fabbro MD, Romeo D, Francetti L. Immediate rehabilitation of the extremely atrophic mandible with fixed full-prosthesis supported by four implants.Clin Implant Dent Relat Res 2012;14:434-41

PubMed(外部サイト)へ 

Babbush CA, Kanawati A, Kotsakis GA, Hinrichs JE.Patient-related and financial outcomes analysis of conventional full-arch rehabilitation versus the All-on-4 concept:A cohort study.Implant Dent 2014;23:218–24

PubMed(外部サイト)へ

5 Malo P, de Araujo Nobre M, Lopes A, Francischone C, Rigolizzo M. "All-on-4" immediate-function concept for completely edentulous maxillae:a clinical report on the medium (3 years) and long-term (5 years) outcomes.Clin Implant Dent Relat Res 2012;14 Suppl 1:e139-50

PubMed(外部サイト)へ

6 Malo P, de Araujo Nobre M, Lopes A, Moss SM, Molina GJ.A longitudinal study of the survival of All-on-4 implants in the mandible with up to 10 years of follow-up.J Am Dent Assoc 2011;142:310-20

PubMed(外部サイト)へ

7 Francetti L, Romeo D, Corbella S, Taschieri S, Del Fabbro M. Bone level changes around axial and tilted implants in full-arch fixed immediate restorations.Interim results of a prospective study.Clin Implant Dent Relat Res 2012;14:646-54

PubMed(外部サイト)へ 

Babbush C, Kutsko G, Brokloff J. The All-on-Four immediate function treatment concept with NobelActive implants:a retrospective study.J Oral Implantol 2011;37:431-45

PubMed(外部サイト)へ

9 Agliardi EL, Pozzi A, Stappert CF, Benzi R, Romeo D, Gherlone E. Immediate fixed rehabilitation of the edentulous maxilla:a prospective clinical and radiological study after 3 years of loading. Clin Implant Dent Relat Res 2014;16(2):292-302

PubMed(外部サイト)へ

10 Balshi TJ, Wolfinger GJ, Slauch RW, Balshi SF.A retrospective analysis of 800 Brånemark System implants following the All-on-Four™ protocol.J Prosthodont.2014 23:83-8

PubMed(外部サイト)へ