On1™ コンセプト

軟組織の付着を温存し、
外科術式と補綴修復の柔軟性を最大限に向上させます。

ON1コンセプトとは?

On1はオリジナルのコンセプトであり、 軟組織の付着を温存し、外科術式と補綴修復の柔軟性を最大限に向上させる新しいコンセプトです。
また、On1ベースによってノーベルバイオケア社製コニカル・コネクション・インプラントの補綴プラットフォームの位置が、骨レベルから軟組織レベルに移行するため、補綴操作が大幅に簡便になります。 インプラント埋入から補綴修復までOn1ベースを一度も取り外さないため、軟組織にダメージを与えることなく有効な治療を行うことができます。

On1コンセプト

主な利点

軟組織の付着を温存

治療期間中の軟組織の付着を妨げることがありません。On1 ベース・アバットメントは装着時のまま取り外すことなく、暫間補綴修復および最終補綴修復を終えることができます。

インプラント補綴修復を簡便に

On1 ベース・アバットメントにより、補綴プラットフォームの位置が骨レベルから軟組織レベルに移行するため、補綴操作が大幅に簡便になります。

安心感

On1 ベース・アバットメントはオリジナルのコネクションのため、ノーベルバイオケア社製の高精度な補綴物のみ使用できます。

外科術式の柔軟性を維持

On1コンセプトは、ノーベルバイオケア社製のコニカル・コネクション・インプラント・システムに使用できます。どのシステムも、初期固定を高め、ビルトイン・プラットフォーム・シフティングに設計されています。 これらには、ノーベルアクティブ、ノーベルパラレルCC、およびノーベルテーパードCCの各インプラントが含まれます。

インタラクティブなE-Book: ソフトティシュバリアの重要性

学術論文、エキスパートへのインタビュー、臨床例、On1コンセプトの紹介等をご覧ください。

2つのワークフロー

On1コンセプトを使用する際には、一般的な印象採得ワークフローか、またはOn1 IOS(Intraoral Scannable)キャップを使用した口腔内スキャン・ワークフローから選択することができます。主なコンポーネントには予めマウントが取り付けられており、取り扱いが容易になっています。

※IOS(口腔内スキャナー)を用いたワークフローは、現在未対応です

一般的な印象採得ワークフロー

On1 ベース・アバットメントは装着したまま、ヒーリングキャップ、暫間補綴物、印象用コーピング、および最終補綴物を装着します。  

口腔内スキャンワークフローで効率向上

口腔内スキャンワークフローをサポートするOn1 IOSキャップにより、チェアタイムが短縮されます。 そのため、印象採得を含む一般的な補綴処置が不要になります。

症例

Prof. Eric Rompen、ベルギー 

上顎小臼歯2本の修復   

Dr. Simon Kold、デンマーク

口腔内スキャン・ワークフローを使用した上顎左側小臼歯の修復

           

Prof.RompenによるOn1症例動画をもっと閲覧する

上記の動画以外にも、On1製品の症例動画を閲覧いただくことができます。

是非フォームに必要事項を入力の上、その他の症例動画をご覧下さい。

参考資料

On1コンセプトに関する詳細な資料はこちらからご利用いただけます。

この機会に是非お問い合わせ下さい。

On1コンセプトのデモや更なる情報をご希望のお客様は、「お問い合わせはこちら」ボタンをクリックして下さい。